肌へのアプローチに即効性があるプラセンタ化粧品

化粧品の品質に関して

即効性があるプラセンタ化粧品

 

美容にも効果が期待されるプラセンタですが
サプリメントやドリンクに比べ、肌へのアプローチに即効性があるのが
化粧品です。

 

ただ、プラセンタの化粧品といっても、
その原料や品質など種類も様々です。

 

化粧品は肌に直接塗って使うものですのから、
品質管理がしっかりとされたプラセンタエキスが配合されているかどうかを
しっかりと認識することが必要です。

 

これは化粧品に限らず、サプリメントなどにもいえる事ですが
所在の分からないプラセンタを使用していたり、
品質が粗悪なプラセンタを使用したりというような製品も存在しますので、
単に「価格が安いから」という理由で購入しないよう注意が必要です。

 

プラセンタ化粧品といってもその種類は2種類

 

 

ひと口にプラセンタ化粧品といっても、
その種類は大きく2つに分かれます。

 

ひとつは「プラセンタ原液」で
もうひとつは「プラセンタ配合」と謡われるものです。

 

プラセンタ化粧品を購入使用と考えた場合「この2つの差は何?」と
疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

美容液に配合されている「プラセンタ原液(純液)」

 

プラセンタ原液とは、胎盤が本来が保有する水分と、
有効成分とが混じり合った状態で抽出されたエキスの事で、
余分な水や他の成分で薄められていない状態のものを指します。

 

酵素を利用して不純物を取り除く「酵素分解法」や
凍結融解法に酵素の力をプラスした「凍結酵素抽出法」などで抽出されたものは
プラセンタの有効成分を破壊することなく濃度の高い高品質な
原液をつくり出すことができ「純液」などとも呼ばれる事もあります。

 

ただしこの抽出方法はコストもかかるため、製品の値段は必然的に高価になり
主に美容液として使われています。

 

 

化粧水・乳液・クリーム・石けん・洗顔料などの「プラセンタ配合化粧品」

 

その名のとおり、プラセンタ配合の化粧品にもプラセンタは配合されています。
しかし、厄介な事に、その配合量は目で確認する事ができません。
悪く考えればほんの少量、プラセンタを混ぜただけでも「プラセンタ配合!」と
表記されてしまいます。

 

単にプラセンタの濃度にこだわるなら、薄めていない原液(または純液)100%の
プラセンタ美容液を選ぶのがオススメです。

なお、プラセンタ化粧品は、動物由来のプラセンタ以外に植物由来の「植物性プラセンタ」や魚由来の「海洋性プラセンタ」を使った商品もありますが「植物性プラセンタ」や「海洋性プラセンタ」には動物由来特有の「成長因子」が含まれていないため、皮膚の細胞を増殖させ新陳代謝を促すEGF(上皮細胞増殖因子)や、コラーゲンをつくるFGF(線維芽細胞増殖因子)期待できません。

 

プラセンタ美容液おすすめランキングはコチラ

 

 

 

 

人気ののプラセンタ美容液はコチラ

化粧品記事一覧

プラセンタ美容液の効果通常、美容液は肌のシワやたるみ、美白、保湿など、目的によって製品に含まれる成分が異なることも多くそのため、何種類もの美容液を組合わせて使っているという方も多いのではないでしょうか?その点、プラセンタ美容液の場合は、1本で下記のような様々な効果が期待できます。保湿効果皮膚の角質細胞の中に「天然保湿因子natural moisturizing factor」((NMFとよばれてい...