美容や健康に優れたプラセンタ。気になる副作用と安全性は?

プラセンタの副作用と安全性について

美肌や美白、更年期障害や抗アレルギーなど
私たちの美容や健康に優れた効果を発揮するプラセンタですが、
効果が期待されればされるほど、気になるのはやはり、副作用などの
安全性。

 

プラセンタの摂取方法はサプリメントや化粧品、
医療機関での注射や内服薬等々さまざまですが、
プラセンタは種類や摂取方法によって、副作用に違いがあるのでしょうか?

 

この章では、プラセンタの副作用や安全性について記してみました。

 

プラセンタサプリおすすめランキングはコチラ
プラセンタ美容液おすすめランキングはコチラ

 

プラセンタの安全性は?

 

まず、プラセンタそのものの安全性についてですが
豚や馬の胎盤を使って作られるサプリメントの場合などは
厳しい管理体制のもとに管理された胎盤から抽出されており
感染症の有無がしっかり検査されています。

 

また、熱処理によりウイルスを不活化しているため
製品としての安全性は高いとされています。

 

特に日本SPF豚協会が認定する「SPFプラセンタ」は
特別な管理体制のもとに育てられた「SPF 豚」という、
日本ではわずか8%程しか生産されていない、安全かつ、
高品質な豚の胎盤を使用していて、特定の微生物や寄生虫が存在せず、
無菌に近い豚のため、特に安全性は高く評価されています。

 

 

安全性に大きく関わるプラセンタエキスの抽出方法

 

副作用はないの?

 

そんな安全性の高いプラセンタですが、プラセンタは普通の食事に比べ
高濃度な栄養摂取をするので、身体に何らかの影響を与え、
一時的に不快な症状を与える場合があるのも事実です。

 

ただ、これらの症状は副作用というものではなく
「瞑眩現象(めんけんげんしょう)」というものです。

 

「瞑眩現象」とは、漢方薬の治療や、鍼やお灸などのあとに、身体のだるさや
下痢などの症状が起こり、一時的に、「少し病状が悪化したのでは?」
と感じる現象です。これらの症状は次第に治まり、むしろ、治療前に比べ
体調がよくなってきたことに気づきます。プラセンタの場合も同様で、
代謝が急に活性化されることにより身体の組織が一時的に変化する症状が現れ、
これを副作用と感じるケースがあるようです。

 

しかし、このような「瞑眩現象」が全てというわけではありません。

 

事例こそ少ないものの、プラセンタが原因で起こるとされる副作用が
栄養と健康に関する研究調査を行っている「国立健康・栄養研究所」
の調査報告ではいくつかの被害的な事例が記されています。

かゆみを伴う湿疹が出てアトピー性皮膚炎が悪化
ホルモン剤との併用で倦怠感や食欲不振
プラセンタエキスによる接触性皮膚炎

 

このように、報告の事例としては「アレルギー反応」に特化した症状が見られます。
プラセンタにはタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれているため
食品アレルギーなどのようにアレルギー反応を起こす恐れもありますので
特にアレルギー体質の人はプラセンタの原材料の確認をしたり
医師などに相談することがとても重要です。

 

サプリメントの品質に関して
化粧品の品質に関して
プラセンタドリンクの品質に関して