プラセンタはアトピー性皮膚炎にも効果が

プラセンタのアトピー性皮膚炎への効果

プラセンタは、アトピー性皮膚炎にも効果があると期待されています。

 

私たちのからだには免疫というものがありますが、

 

この免疫は、体内に混入したウイルスや細菌などの異物を

 

除外しようとする働きをしてくれます。

 

 

 

この免疫の主軸となるのが、白血球の一部のリンパ球です。

 

このリンパ球が正常に機能しないと、

 

普段は反応しないはずの花粉やハウスダストに

 

敏感に反応することになり、

 

結果、これらがアレルギー反応を起こして

 

アトピー性皮膚炎の原因となってしまいます。

 

 

アトピー性皮膚炎を根本的に改善するためには

 

異常なリンパ球を除外しなければなりません。

 

 

 

アトピー性皮膚炎の治療としては現状

 

ステロイド剤を使った治療が主になっていますが、

 

ステロイド剤は皮膚細胞を破壊し、皮膚が薄くなってしまうなどの

 

副作用の心配がありますので、根本的な改善が期待できる治療法では

 

ないといえます。

 

 

プラセンタには、ビタミンDやオメガ3系多価不飽和脂肪酸、

 

コンドロイチン硫酸などという成分が含まれていますので、

 

白血球の働きを正常にして

 

異常なリンパ球を排除する手助けをしてくれます。

 

 

このため、活性酸素除去作用として

 

炎症を促進させる活性酸素を除去し、

 

アトピー性皮膚炎の症状を緩和する作用があるといわれています。

 

プラセンタサプリおすすめランキングはコチラ
プラセンタ美容液おすすめランキングはコチラ