プラセンタに含まれる「成長因子」が自律神経とホルモンバランスの乱れを整える

プラセンタは更年期障害にも効果的

●めまい
●疲れ
●頭痛
●肩こり
●腰痛
●うつ気分
●不眠
など、様々な更年期障害の症状に

 

悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

 

逆に、実際に更年期障害に悩まされていない方は

 

更年期障害がどういうものなのかさえ知らないという方も

 

いらっしゃるかと思います。

 

 

更年期障害の「更年期」とは、いつ頃を指すのかというと、

 

概ね閉経前後の約10年間をいいます。

 

日本人の場合は、概ね45〜55歳ぐらいがその時期に該当します。

 

 

冒頭記したような症状の人もいれば、

 

自覚症状がほとんどないなど

 

その症状には個人差がありますが、

 

更年期障害が起こる原因は、女性ホルモンに大きく関係します。

 

 

女性は、閉経が近づくと卵巣機能が低下し、

 

エストロゲンという女性ホルモンの一種の分泌量

 

急激に減少します。

 

 

エストロゲンは卵を成長させる卵胞刺激ホルモンや

 

排卵を促す黄体刺激ホルモンの分泌を

 

脳へ指令する役割を担っていますが

 

エストロゲンが減少すると、そのバランスが崩れてしまいます

 

 

更に、ホルモンバランスが崩れると

 

視床下部(間脳の一部)も刺激してしまい

 

自律神経のバランスが崩されてしまいます。

 

 

その結果、

 

●めまい
●疲れ
●頭痛
●肩こり
●腰痛
●うつ気分
●不眠
などの、様々な症状が現れます。

 

このように、更年期障害は自律神経とホルモンバランスの乱

 

大きく関わっていますが、

 

プラセンタに含まれる「成長因子」

 

自律神経とホルモンバランスの乱れを整えてくれます。

 

プラセンタサプリおすすめランキングはコチラ

 

 

 

 

アフィリエイトの副業で圧倒的に稼ぐ5つの方法