プラセンタサプリを選ぶ際のポイント

サプリメントの品質に関して

プラセンタを摂取する場合、化粧品のように直接肌に塗った方が効果的なのか、
サプリメントのように経口摂取をして、身体の中全体に働きかける方がいいのか
迷うところですよね?

 

シミやシワなど、様々な肌トラブルともなると、
基礎化粧品などでのスキンケアを見直す人は多いかもしれませんが、
30歳を過ぎたころからの肌トラブルの場合、
「肌に塗る」という事よりも「身体の中から改善」する事の方が、
むしろ重要になってきます。

 

そういった意味では、サプリメントを利用して、普段の食生活では得られない
プラセンタの有効成分を摂取するというのは賢い選択です。

 

プラセンタサプリの品質を確認するには

 

プラセンタサプリの品質を確認するには
下記の点をチェックすることをお奨めします。

どのような方法でエキスの抽出したのか?

 

 

プラセンタサプリを製造する工程の中で最も重要なのが
胎盤からエキスをどのように抽出したかという「抽出方法」です。

 

この抽出方法いかんによって、プラセンタに含まれる有効成分が
どれがけ高濃度で抽出されたかということに関わってくるからです。

 

そもそも、プラセンタは胎盤が原料となりますので、この胎盤に含まれる雑菌や
ウイルスなどの危険因子が生き残れないよう滅菌して有効成分だけを
抽出しなければなりません。

 

なので、有効成分の効果だけを闇雲に期待すると安全性に懸念が
生じたりします。

 

 

ここ数年、格段に進歩したといわれている抽出技術ですが
抽出技術にはいくつかの方法があり、メリットやデメリットも様々ですので
下記にその特色をまとめてみましたので参考にして下さい。

エキスの抽出技術
培養細胞法

現在トップクラスと言われている抽出技術です。特許を取った特殊なフィルターで徹底的に不純物を取り除き高純度なエキスを抽出することが出来ます。熱処理をしていませんので、プラセンタの有効成分を破壊せず抽出できる方法です。

酵素分解法

酵素を利用して不純物を取り除きプラセンタの有効成分を破壊することなく抽出する方法です。この方法もまた有効成分の抽出率が高く、プラセンタエキスに含まれる成分も豊富です。比較的高価で高品質な製品によく使われていて、この方法で抽出したプラセンタ原液は胎盤が本来持っている水分だけで混合され余分な水などで薄めていないため純度が高く「純液」や「原液」などと呼ばれることもあります。

凍結融解法

胎盤を急速に凍結させ、解凍するときに細胞膜を破壊させ細胞内の成分を抽出する方法です。非常に簡単で、費用もかからないというメリットがありますが胎盤の細胞膜を破壊する方法なので有効成分の抽出率が低いというデメリットもあります。現在ではほとんど利用されていない抽出技術です。

凍結酵素抽出法

凍結融解法での有効成分の抽出率が低いというデメリットを酵素によって解決させた抽出法です。プラセンタの有効成分のほとんどが製造工程中の熱で破壊されてしまうと考えられているため低温処理した胎盤を酵素で分解させることで熱に弱い有効成分を破壊せず、抽出するというとても優れた方法です。しかし、酵素分解法と凍結融解法の「いいとこ取り」をしているような所があり時間と費用がかかるため、価格も高価な商品が多いようです。

加水分解法

胎盤の細胞膜を塩酸などの強い酸を使って分解し細胞内の有効成分を抽出する方法です。この方法は、プラセンタの持つ、有効成分までもが分解されてしまうというデメリットがあります。

分子分画法

特殊なフィルターによって、有効成分のみを抽出する方法です。抽出方法としては優れた技術とされていますが、精度が低いフィルターを使うと、有効成分の一部が損なわれてしまうためフィルター精度が品質に影響され、高い技術が必要になります。コストがとても高いために、プラセンタの価格も高くなります。

 

プラセンタサプリおすすめランキングはコチラ

 

 


サプリメント記事一覧

プラセンタサプリを選ぶ際のポイントはズバリ3つです。それは・・・・@プラセンタエキスの抽出方法A粉末化の方法Bプラセンタの配合量プラセンタサプリには本来成長因子という成分が含まれていますが粗悪な商品になるとこの成長因子が抽出過程で破壊されている場合があります。「成長因子」は皮膚の細胞を増殖させ新陳代謝を促すEGF(上皮細胞増殖因子)やコラーゲンをつくるFGF(線維芽細胞増殖因子)の事でプラセンタの...

プラセンタサプリといってもそのカテゴリは大きく2つに分かれます。1つは、プラセンタエキスだけを配合したサプリメント。そして、もうひとつは、そのプラセンタに美容成分をプラス配合したサプリメントです。当サイトでは、原料やエキスの抽出方法1粒(カプセル)あたりのプラセンタの含有量や価格面を重視し、「プラセンタのみ配合の製品」、「プラセンタ+美容成分配合の製品」さらに、これら2種類を抱き合わせた「総合」の...