プラセンタといってもその種類は様々。いったいどんなプラセンタを選べばいいの?

プラセンタの種類

プラセンタにはどんな種類があるの?

動物の胎盤から抽出するプラセンタですが、
どんな動物の胎盤から抽出したのかによってプラセンタの種類も分かれます。
プラセンタには豚由来の「豚プラセンタ」や馬由来の「馬プラセンタ」の他にも
「羊プラセンタ」や「ヒトプラセンタ」「植物プラセンタ」などがありますので下記に記してみました。

 

 

 

豚プラセンタの特徴 (最もメジャーで格安)

豚プラセンタは最もメジャーといわれるプラセンタで、コストパフォーマンスに優れ、市場に出回っているプラセンタの中では一番流通量が多いとされています。豚は年に2回の出産時期を迎え、しかも、一度の出産で10頭前後の子供を産むため、胎盤の生産量が絶対的に多いので大量生産しやすく、コストダウンが図れます。そのため豚プラセンタは他のプラセンタに比べ、商品の価格も格安になっているのが特徴です。しかし、プラセンタのような特殊な商品になると「価格安=効果薄」と錯覚されがちですが、プラセンタの肝ともいうべきアミノ酸やタンパク質、核酸、成長因子など、プラセンタならではの成分は他のプラセンタと比較してもバランスよく配合されていますので「安いからあまり効果がないのでは?・・・」という心配は特に必要はありません。。

馬プラセンタの特徴(安全性も高く有効成分豊富だけれど価格が高価)

豚プラセンタ同様にメジャーなのが馬プラセンタです。日本で販売されている馬プラセンタは、サラブレッドの胎盤が使用されているので安全性は高く評価されています。馬プラセンタの特徴はなんといってもアミノ酸の量です。美肌効果の要ともいえるアミノ酸の量は、馬プラセンタは豚プラセンタの数百倍、そして豚プラセンタに含まれない種類の必須アミノ酸が6種類入っています。これが馬プラセンタに人気が集まる理由です。しかしそんな馬プラセンタも豚プラセンタと比較するとデメリットもあります。それは馬は豚と違い、出産は年に1回、しかも一頭ずつしか出産をしないため大量生産ができません。これにより価格的に豚プラセンタよりも高額な商品が多いです。しかし、アミノ酸の量が他を圧倒する理由はこの妊娠期間が長いからという事につながっているのも事実です。

羊プラセンタの特徴(日本でのシェアは低いがアミノ酸の組成が人間と似ている)

日本では豚プラセンタと馬プラセンタがメジャーなため羊プラセンタを知らない人も少なくないでしょう。

さらに日本では、以前の狂牛病問題を機に、羊の胎盤利用に規制がかかり、流通量が少ないのもメジャーではない理由のひとつです。しかし海外では昔から羊プラセンタが使われていたという記録もあり、特に北米やヨーロッパでは羊プラセンタは人気があります。羊プラセンタの特徴はアミノ酸の組成が人間と似ているため、人の体に馴染みやすく、肌への浸透が優れているという事です。当然ながら肌への浸透力が高ければシミやシワなどへの効果も多いに期待されます。主にニュージーランド産やスイス産の商品に多く、概ねサプリメント製品が多く流通されているようです。

ヒトプラセンタの特徴(医薬品扱いのプラセンタ)

ヒトプラセンタはその名のとおり人間の胎盤から抽出されたプラセンタです。含まれている成長因子も人間の形成のためにつくられたものですから、細胞の新陳代謝を活性化させて若返りを図るには、最良のプラセンタと言えます。ただしヒトプラセンタの場合、医療機関で注射や点滴を打ってもらうことで摂取をする「医薬品」になります。このためサプリメントや化粧品には利用できませんが、効果と安全性には非常に高いものがあります。また費用的には美容目的の場合の注射は保険適用にならず全額自己負担となるためコスト的には高いのが特徴です。

植物性プラセンタの特徴(動物性プラセンタと類似する効果)

植物性プラセンタは「プラセンタ」といわれながらも厳密にはプラセンタではありません。

プラセンタは「胎盤」を意味し、哺乳類特有のもので、植物に胎盤は存在しないからです。しかし植物性プラセンタには豚や馬、羊、ヒトなどの動物性プラセンタと似ている効果と成分を有しているため一般的に「植物性プラセンタ」と呼ばれています。植物性プラセンタの場合、胎盤の代わりに「胎座」という部分が使われているのが特徴です。胎座には発芽をさせるための栄養はもちろん、動物性のプラセンタと同様に、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれていますので、これが胎盤を持たないながらも「プラセンタ」と呼ばれる理由です。

 

プラセンタサプリおすすめランキングはコチラ
プラセンタ美容液おすすめランキングはコチラ

 

 

 

プラセンタの効果効能はコチラ